Chamwino Ngoma Festival 2016 レポートその6

7月24日。
チャムウィノ・ンゴマ・フェスティバルの最終日です。
チームバガモヨのメンバーは朝から元気です。

music-170326-05.jpg

宿泊している家のポーチでテンション高めに踊っております。
(ブレブレですみません)
さて、朝起きると出演者たちは、会場へ朝食をもらいに行きます。

music-170326-03.jpg

毎食、毎食、長蛇の列!
そしてすごい数の食器。
台の上の特大ポリバケツの中には、朝食のマンダジが入っています。
そしてこれまた大量のチャイ。
なくなると、調理場から次のポリバケツやポットが運ばれてくるというしくみです。

次の写真はお昼ごはんの一例です。

music-170326-04.jpg

ピラウ、白ごはん、ムチュジ、バナナと肉。
この米の量!
これが全員に行きわたることを考えると、超豪華です。
お腹いっぱい食べました。

超豪華ごはんですから、もちろん村の子どもたちも食べたくて寄ってくるわけです。
出演者たちの中には、ある程度食べたら子どもたちに残りを分けてあげる人もいました。
「食べ終わったらお皿はあそこに返すんだよ」

そういう人たちです。
がっついて食べきった自分がすこし恥ずかしくなりましたが、
私にとってもタンザニアで食べる貴重な一食だったということで・・・。

music-170326-02.jpg

朝昼晩と、ごはんを提供してくれている裏舞台をのぞいてみました。

特大なべ、大量の薪とポリバケツ。
うーん、すごい。ただただ、尊敬しました。
おいしいごはんを毎回大量に作ってくださり、どうもありがとうございます。

music-170326-01.jpg

ところ変わってこちらは、会場のすみで物販をしていたお二人です。
お手製のムヘメ、リンバ、ゼゼを売っていました。
来賓の方を中心にいくらか売れていたみたいで、よかったよかった。

会場には他にも、
サトウキビやお手製ジュース、スナックなどを持ち込んで販売している地元の人たちがいました。
うん、フェスっぽい。
品揃えが実に村のフェスっぽかったと、思い返しています。

・・・と、これでチャムウィノ・ンゴマ・フェスティバルの様子が少しは伝わりましたでしょうか。
タンザニアのメンバーとみっちり向き合い、
フェスティバルにどっぷり参加させてもらえたことは、
本当に貴重な経験になりました。
関係者の皆さんどうもありがとう!!

最後に、チームバガモヨ(Mandoo Band)
撮影班のアンドリューが作成してくれたドキュメンタリービデオで、
私たちの演奏も含めて珍道中の様子を見ていただけたらと思います。(C)



関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

コンテンツ一覧

openclose

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
JT☆STARSライブ予定
サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード