LINDI リンディ州

リンディはタンザニア南東部にある市と県と州の名前です。

●州面積

リンディ州はプワニ州、ムトワラ州、ルヴマ州、モロゴロ州に接しています。
東側はインド洋に接しています。
この州は1971年に制定され、面積は67,000k㎡あります。
面積の約4分の1はセルー動物保護区です。

リンディ州にはリンディ県都市部、リンディ県農村部、キルワ県、ナチングウェア県、リワレ県、ルアングワ県の6つの県があります。

大きな川はルクレディ川、マタンド川、マヴジ川で、すべてインド洋に注いでいます。
傾斜は海岸から始まり500mまでで、高い山はあまりありません。

●住民

2002年には人口は791,306人でした。
そのうち90%が農業従事者です。
特に多数を占める民族はムウェラ(主にナチングウェア県とリンディ県農村部ロンド区)で、次いでマチンガ、マラバ(主にリンディ県都市部)、マトゥンビ、ンディギンド(キルワ県)がいます。

県ごとの人口は、キルワ県(171,850)、リンディ県都市部(41,549)、リンディ県農村部(215,764)、リワレ県(75,546)、ナチングウェア県(162,081)、ルアングワ県(124,516)です(カッコ内は人口)。

●気候

リンディ州の気候は一年中暑く、平均24.5℃から27℃です。
リンディ州は年間、特に11月と5月に980mmから1200mmの雨が降ります。

●道路と交通

状態のよい道路は少ないです。
155kmの舗装道路と3,567kmの未舗装道路があり、多くの場合状態は悪いです。
雨季にはしばしばダルエスサラームへ行く道が閉鎖されます。
ルフィジ橋の建設が終わり、大都市ダルエスサラームへの交通の便が改善する希望が見えました。
現在、ミンゴヨからダルエスサラームへの道路の舗装状況は、キルワ県ムホロからルフィジ川のムカパ橋までの60kmを残すのみと終わりが近づいています。

リンディ、ナチングウェア、キルワ・マソコには小さな空港があります。
リンディとキルワ・マソコには港もあります。
電話サービスは携帯電話の普及により、ある程度進歩しました。

リンディ州には観光客を引き寄せうる様々な場所があるにも関わらず、交通の問題により観光はあまり重要性をもたらしてきませんでした。
キルワ・キシワニは他のスワヒリの人々の町の遺跡と同様に東アフリカ海岸の歴史的な町で、セルーはアフリカで最も大きな動物保護区、砂浜は魅力的でビーチもたくさんあります。

ソンゴソンゴ島近くの海で天然ガスが採掘され、発展の希望をもたらしました。

●農業と商業

リンディ州の住民の多くは農業従事者で、特に農村部では混合作物、つまり商品作物と食糧を生産しています。
主な商品作物はカシューナッツで、ルアングワ県、リンディ県農村部、ナチングウェア県で多く作られています。
また、ゴマやバナナも商品作物として、食糧として生産されています。
食糧にはトウモロコシ、コメ、キャッサバ、トマト、タマネギがあり、これらは主に大雨季と場合によっては小雨季に作られます。
リンディ州で商業をする人の多くは、マチンガ貿易として知られるような小規模商業を行っています。
彼らは乾季に作物を売ったり、ダルエスサラームから多くの雑貨を持ってきて、主に農村部や区へ運んでいます。

●教育

リンディ州の教育制度は遅れています。
というのも交通インフラの問題によりセコンダリスクールは現在でも数が少なく、また充分な人数の教員がいません。
(高等学校にあたる)5年生と6年生のクラスがある学校は現在でもリンディセコンダリ(リンディ県マヒワ)、ナムパセミナリ(リンディ県農村部)、ナチングウェア教育大学(ナチングウェア県)のみです。

出典:https://sw.wikipedia.org/wiki/Mkoa_wa_Lindi(最終アクセス2016年2月23日)

関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

コンテンツ一覧

openclose

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
JT☆STARSライブ予定
サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード