10/12/04 JT☆STARSvs鼻炎トリオ First&Final Live

大山崎にあるカフェ「キッチン結風」が12月に閉店することになりました。
話せば長くなるけど、そこでは初代のオーナーが「ひゃっきんコンサート」というイベントを始めて、素人の音楽好きが集まって演奏するイベントをずっと開いていました。たった10分の演奏時間にもかかわらずものすごく練習して、なのに当日は手が震え、声が震えうまく歌えない・・・でも、こんなに楽しい遊びはなかなかないっていうような、本当に素敵なイベント。実はイエズはこのイベントに6年も前から参加して研鑽を(言いすぎです)積んできた歴史があります。へたくそなら自分ひとりで弾いていればいい、うまい演奏が聴きたいならライブやCDを聴けばいい・・・いえいえそれだけではないのです。みんなでおんなじ場所で音楽をすると、もっと楽しいのです。
結風はそんな音楽の楽しみ方の一つを学んだ場所なのです

話は戻りますが、そのお店が閉店することになって、最後によく同じイベントに出てた近所の知り合いと一緒にライブをしようということになり、夏ごろ企画が始動しました。

一緒に音楽をする人たちはカンチさんと鼻炎トリオ、ブルースやパンク、フォークなど、わたしにとっては、今まで聞くことはあってもどうからんでいくのか全く分からない世界でした。
楽器も違えばジャンルも違う、でもお互いの持ち歌になんとなく参加するだけでは意味がない、「この編成が必要なのだ!!」という音楽をやらなければ、という目標を持って集まりました。

何度か練習を重ね、最初のころは着地点が見えなかったり、リンバ独特のコードが他の楽器に合しきれずに自由に動けなくなったり、とりとめのない展開になったり・・・とにかく困難困難。

しかし、ある日カンチさんがこのバンドのために作った曲を披露、そこからぐっと集中して先が少し見えてきました。いろんな人と意見を交わしながら音楽を作っていくのは本当に刺激的で、真剣でわくわくする時間でした。

そしてついに当日。
まずは、JT☆STARSの演奏です。2009年6月に初めてソロライブをした場所、いろいろな想いがよぎりましたが、等身大でいられる場所での演奏は本当楽しかったです。
続いて鼻炎トリオの演奏!激しくもコミカルで、見ている人を惹きつけます。最高!!そしてスナフさんのソロも心にしみる素敵な演奏で空気がどんどん変わっています。

第2部、ぎゅうぎゅう詰めのステージにぎゅうぎゅう詰めの客席、みんなで走りだしました。
1曲1曲、終わらないでほしい!!と思うような時間があっという間に過ぎて行きました。
先輩方と一緒の演奏は、安心感もあり、そえゆえの自由度もあり、演奏していてすごく楽しかったです。
私のお気に入りは、「ズンダ節」と最後に演奏した「Purple Haze」、ゼゼの引っ掛かる音が意外なほどピッタリでびっくりでした。

このバンドの社長!さくらさん、カンチさん、鼻炎トリオのみなさん、結風のみなさん、来て下さったみなさん、本当にありがとうございました。

結風がなくなっても、みんなでまた音楽がしたいです。(Y)

関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

コンテンツ一覧

openclose

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
JT☆STARSライブ予定
サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード