10/07/17 ムビラサミットEAST Vol.5

東アフリカ親指ピアノのグルーヴを日本中から一堂に集めた祭典!!
そんな大舞台に、JT☆STARSも参加させていただきました!それも鎌倉の海の家で!

今年は、ムビラグループよりも、リンバグループの方が多い構成でした。JT☆STARSはオープニング、そして
2番手は、日本口琴協会の直川礼緒さんでした。直川さんとは、不思議な縁があります♪

最初にタンザニア・ドドマのNZALI村を訪れた時、チエさんと2人で滞在していたのですが、そのときに何度も日本人の「レオ」と言う名前の人が話に登場しました。今30歳ぐらいの子が子どもだったとき、NZALIに3カ月滞在してリンバを習っていたとのこと。ゴゴ語もある程度理解して、地元の人たちの中に入って同じ生活をし、毎日練習していたすばらしい人、そういう話を何人かに聞いたのでした。

そして、わたしたちが帰るとき、「レオ」によろしく伝えてくれ、と先生から頼まれました。
私たちは、日本へ帰ってから、その「レオ」という何歳かも、何をしている人かも知らない人を一生懸命探しました。そして、この世にネットがあったおかげで、なんとその人は見つかったのです。今は日本口琴協会を運営している直川さんが、その人でした。早速連絡をとると、こころよく会って下さり、無事伝言を伝えることができたのです。

説明が長くなりましたが、そんな「先輩」とも共演できるなんて、本当に夢のようでした。

私たちの演奏は、まだ日の高い時間から始まり、海水浴へ来ている人たちが海ではしゃぐ姿を眺めながら、楽しく
できました。マイクを付けなければ、とても小さな音ですが、広い所で演奏するのが似合う楽器だな、と思いました。新しい形態の「チルミ」や、リンバ3重奏にも挑戦でき、それも「ムビラサミット」という大きなハードルがあったからだな~と思います。

続いて直川さんの演奏には、鳴り物で共演させていただき、超、超光栄でした。NZALIの土臭くて、明るいメロディーが広がり何とも素敵な空間でした。

パシチガレ・ムビラズは、本当に迫力があって、思わず踊りだしてしまう感じでした。ジンバブエから来たトンデライも、数年前にあった時よりずっと大人びていて、すごいミュージシャンになっていました。
Bunさんは、初めて聞きましたが、オリジナルな音で、夕暮れの海にぴったりでした。
そして、ムビラトロン、毎年少しずつ表情を変え素敵な演奏をされています。途中JT☆STARSも一緒に演奏させてもらいましたが、中に入って分かる構成のすごさ!演奏の確かさ、見せ方のうまさ。本当に勉強になりました。
オトさんのギターでゼゼを弾くと、次々とフレーズが浮かび、新しい世界を見せていただきました。

そんなわけで、出会いと、勉強と、盛りだくさんな一日でした!!

みなさん、ありがとうございました!!(Y)

関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

コンテンツ一覧

openclose

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
JT☆STARSライブ予定
サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード