スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪雨、数百万のタバコに損害

シニャンガ州シニャンガ県農村部のウロワ区イロメロ村に降った豪雨により179エーカーのタバコが被害を受け、農家らは損害を被った。

カハマ県タバコ委員会のマネージャー、カストリー・ンゴニャニ氏はこの被害について、農家からタバコを仕入れているタンザニア葉タバコ社(TLTC)とアライアンス・ワンは大きな損害を被ることになるだろうと述べた。

ゴニャニ氏は、委員会が受けた第一の影響は、収穫間際だったこれらの農地が深刻な被害を受けたことで、2億1580万シリングの損失が明らかになったことだと述べた。

TLTCは68,033kg、2億409万9千シリング相当のタバコを、アライアンス・ワン・タンザニアタバコ社は9,263kg、1170万シリング相当のタバコを損失したことになる。

これらは当初の調査数に過ぎず、この被害による本当の影響は、仕入会社と農家へ対して農機具などの貸出をしているカハマ県協同組合(KACU)の間で7日後に開かれる会合の後にもたらされるとマネージャーは述べた。

タバコ農家の一人、サファリ・マンジャラ氏は、所有する84エーカーの畑がこの雨により大きな被害を受けた。

彼は「タバコの生産はKACUから借用した農機具などに依存しており、この被害によってその借入金を返済するのが難しくなる」と述べた。

NIPASHE(2010年1月30日付)

関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

コンテンツ一覧

openclose

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
JT☆STARSライブ予定
サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。