スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chamwino Ngoma Festival 2016 レポートその1

2016年のタンザニア渡航の主な目的は、ドドマのチャムウィノ村で開催されている
「チャムウィノ・ンゴマ・フェスティバル(Chamwino Ngoma Festival)」に参加することでした。

出演することだけは決まっていましたが、どんな形態で、何を演奏するのかは日本を出発するまで結局わからずじまい。
とにかく現地へと出発したのですが、そんな感じで始まった珍道中の模様を少しずつレポートしていきます!

ところでチャムウィノ・ンゴマ・フェスティバルって何?とお思いの方へ、
主催団体である「チャムウィノ・アーツ・センター(Chamwino Arts Center, CAC)」のホームページ(http://www.chamwinoarts.org/)より、フェスティバルの概要をまずはご覧ください。(一部意訳および省略しています)

-------------------------------------
ワゴゴ・ミュージック・フェスティバル(現在のチャムウィノ・ンゴマ・フェスティバル)は、2005年からチャムウィノ村で開催されている、ゴゴ人のンゴマ(ンゴマとは音楽、太鼓、ダンス、ストーリーテリングなどを指す言葉)のお祭りです。
2005年はJuhudi、New Pendo、Nyota、Yeriko、Yerusalemuの5つのグループが参加し、第一回が始まりました。

フェスティバルは年々注目を浴び、パフォーマンスの質も向上しています。
フェスティバルで演奏するために各グループはチャムウィノ・アーツ・センターに申請書を提出し、オーディションを受けています。
また、グループ数が少ない村や町のグループ、さまざまなスキルのグループを招待する努力がなされています。

フェスティバルは学習の機会です。
新しいグループは経験のあるグループを見て学ぶことができ、その知識を持ち帰ることができます。
加えて、少年と若者が多くのグループに参加しており、中にはほとんどが若者で構成されているグループもあります。
このことは、若い世代へのゴゴ人のンゴマの伝承にも一役買っています。

チャムウィノ村のコミュニティは、フェスティバル参加者にサービスを提供して収益を得ています。
2013年のフェスティバルでは5000人の出席者と600人の出演者を迎えました。
フェスティバルに必要なものはすべてコミュニティから供給されています。

近年、ゴゴ人のンゴマを練習しているタンザニアの他地域や海外の人々のグループも増えています。
2014年にはザンジバルのダウ・カントリー・ミュージック・アカデミー(DCMA)のグループが出演、セミナーに参加し、タンザニアの海岸のンゴマとゴゴ人のンゴマを融合させました。
将来的にはタンザニアだけでなく、国際的にもより多くのンゴマを体験することを視野に入れています。
-------------------------------------

ゴゴ人の、ゴゴ人による、ゴゴ人のためのお祭り。
ゴゴ人のンゴマを継承、拡散していこうというこのお祭りに参加できるという貴重な機会をもらって、
何をするのかはわからないけど、それも含めてワクワクドキドキ、楽しみにして出発したのでした。

珍道中のはじまりは、ダルエスサラームからバスで2時間ほどの町、バガモヨからスタートします。(C)

ryokou-161129-01.jpg


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

揚げキャッサバ

キャッサバは、タンザニア国内ではトウモロコシ、コメ、ソルガムと並んでよく生産されている食糧のひとつです。
芋のままで朝ごはんや軽食に食べたり、粉にしたものをウガリにして食べたりされています。

芋のままで食べる場合、煮る、焼く、揚げるなど調理方法がいくつかありますが、
今回、一週間滞在したバガモヨで探し求めて食べたのは、揚げキャッサバでした。

加熱したキャッサバの食感は、ジャガイモよりもっちり歯ごたえがあります。
煮るとかぼちゃのようなポクポク感が高まり、焼くとジャガイモのようなホッコリ感が高まります。
また薄くスライスして揚げるとポテトチップスよりかなり固めのチップスになります。

が、芋のままを揚げると、外側はカリカリ、内側はホッコリモチモチの絶妙なハーモニーを奏でるのです。
そこへピリピリ(とうがらし)の効いたみずみずしいカチュンバリ(サラダ)を添えて食べると立派な朝ごはんになります。

ryouri-161129-01.jpg
揚げキャッサバ屋さん

ryouri-161129-02.jpg
揚げたてのアツアツにカチュンバリと塩をかけて、朝ごはん!

私は今回はじめて食べたのですが、タンザニアではチャパティと並んで一般的な「ザ・庶民の朝ごはん」のようです。
町を歩いて見つけたら、ぜひお試しください!!(C)

参考:
自給的作物研究 モザンビークとタンザニアにおけるキャッサバの生産・加工・流通・消費の現状と政策の課題
平成 2 2 年度 農林水産省補助事業 途上国支援のための基礎的情報整備事業(調査研究事業)
http://www.promarconsulting.com/site/wp-content/uploads/files/Cassava_Final_Report.pdf
(キャッサバの食べ方、加工品など写真がいっぱいでわかりやすいです!)

関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

タンザニアでエチオピア料理!

ダルエスサラーム滞在中はタンザニア人でごったがえす食堂や、ママたちの露天食堂などで、いわゆるローカルフードを食べることが多いですが、ダルエスサラームには中華料理、インド料理、タイ料理などなど各国料理のレストランもたくさんあります。

今回、エチオピア料理のレストランに行く機会があったので、ちょっとご紹介したいと思います!

ryokou-161115-02.jpg

『Addis in Dar』というレストラン、まず驚くのはインテリアのおしゃれさ☆
階段をのぼってテラス席へ案内されるのですが、ランプのアレンジがすごくキレイで、エチオピア歌謡がかかり、スタッフの衣装もエチオピア風で統一され、入った瞬間からここがどこなのか忘れそうになりました。

ryokou-161115-03.jpg

もちろんインジェラを食べるのですが、メニューには選びきれないくらいワット(シチュー)があります。
でも、ハーフサイズを頼むことができるので、少しずついろんな味を楽しむことが可能です。
料理がどどーんとでっかいトレイに乗って運ばれてくるのもインパクトあります。
パクパク食べてたら気付かないうちにお腹いっぱいになっていました。

ryokou-161115-04.jpg

そして、エチオピアといえばコーヒー。
食後はせっかくなのでコーヒーセレモニーセットを注文してみました。
これも雰囲気たっぷりで、コーヒーもおいしい!おつまみにポップコーンもついてきました。

ryokou-161115-05.jpg

また行きたいお店です!お店の情報は下記ホームページで確認できます。(C)
『Addis in Dar』
http://www.addisindar.com/


関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

2016/12/17 大阪市・イマジネーション☆ピカスペース

通天閣のすぐ近く、小さな商店街の中にある「イマジネーション☆ピカスペース」で開催されるイベントに出演します♪

「Night of 1000 Eyes」と題されたこのイベントは、毎回、不思議にカッコいい音楽と、主催者DJ 1000 EYESことマイクの粋なDJ、美味しいフードが新世界のディープな雰囲気とともに楽しめて、クセになること間違いなし☆

live-161217-1.jpg

さかのぼること8月と9月、同イベントに出演したコテコテの関西弁を操るアメリカ人ピーターとセッションしたことが今回のきっかけですが、ピーターのアツい三味線ロック(?)がめちゃめちゃカッコよかった!
セッションのときにはケニアの楽器Nyatitiをリンバに合わせてくれましたがこれまた不思議とはまり、今までにない感覚を味わうことができました。

9月の回では「PLASTIC MANTRA」というシタールとタブラのユニットが、不思議ワールド全開な衣装で偽物エスニックミュージックなるものを演奏していたのも衝撃的でした。
とにかく良い意味で不思議な「Night Of 1000 Eyes」、今回は年末スペシャルバージョンだけに、さらに楽しみです!

<< Night Of 1000 Eyes Volume 4 : Year End Supa Bash>>

日時: 2016年12月17日(土) 17:00〜22:00

場所: イマジネーション☆ピカスペース
〒556-0002 大阪市浪速区恵美須東1-20-10
(大阪通天閣近く 新世界市場内)
http://pikaspace.tumblr.com/

料金: 投げ銭制
The event is free but we will be passing the hat around. Please support these wonderful musicians. Thanks!

出演ほか:
**** SUPERSONIK SOUNDZ***
*JT☆STARS: チエ (Limba) and シロー (Limba)
 Exciting African Limba Duo!!
*CRANKY BHARD: Jerry Gordon (sax) and Brian Dubin (looping psych guitar)
 Power Unit!
*ROGER WALCH (Swiss Jazz Keyboardist) and YUKA YOKOI (Soothing Japanese Vocalist)
*MANDOLIN RAIN (Californian Folk Legend)
*SIMON 森 (British Soul Sensation)

****ASTRAL ANALOG****
*DJ SEXY MF GOH JET
*DJ JUNKO (From The Ladybugs)
*DJ 1000 EYES Mike

****MOON FOOD****
Star Chef Mayuko


※だいたいのタイムテーブルは以下のとおりです。
JT☆STARSは9:30~の予定ですが、実際にはいつも押し気味の時間で進みますのであしからず・・・(C)

live-161217-2.jpg

関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

コンテンツ一覧

openclose

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
JT☆STARSライブ予定
サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。