今日のタバサム


学校へ行く時はちゃんと自分で靴も磨いて、
シャツにもアイロンをかけて、
身だしなみも整えて行かんと、、、
先生からのお叱りがーー!!(>__<)(S)


関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

11/10/22 水辺バル&MAGNOLIA周年パーティー

大阪も今年は至るところでバルが開催されています。
そのなかでも大規模なのが、大阪水辺バル!
天満橋、北浜、東横堀、福島、大正を船でつなぐバルです。



折しも土佐堀川にはラバーダックが係留中。
中ノ島のバラの花も見頃で、
天気さえ良ければ絶好のロケーションでした!
が…この日は午後から雨が降ったり止んだり。
とはいえリハーサルを終え、バルを楽しみに繰り出しました。
まずは天満橋へ。
生パスタ専門店で腹ごしらえ。
バルチケット一枚でパスタとワインが食べられました。お得!

そして、予想より水位が上がってスタッフの方々は船の運航にも苦労されたようですが、乗りました、船!
雨の吹きすさぶ中!





よく見慣れた景色も、船から見ると全然違う場所のようで、
寒さに震えながらも楽しみましたー。

その後、チャクラというカフェで演奏。
古い造りの建物にシトシト雨の音がして、
何となくしっとりした雰囲気になってしまいました。

演奏を終え、日頃からお世話になっているJapanese Restaurant MAGNOLIAへ!
バルから引き続き周年パーティーに移行した店内は、人がごったがえしていました!
雨のため屋外の特設ステージでの演奏は果たせませんでしたが、
お店二階でライブスタート!

満員電車のような店内で、JTの演奏もたくさんの人に聴いていただけました。
ラストは、ファルセットの美しい!!Silky 藤野さんと、
トランペットの超カッコイイ!!Mitchさんほか素敵なメンバーで
大盛り上がり!!!

いつもは日本料理のお店も、
この日はジャークチキン、ガンボ、ザリガニなどなど、
ニューオーリンズのケイジャンフードがずらり♪
どれもこれも美味しい!

楽しい素敵な方々ばかりの楽しいパーティーに参加できて
盛りだくさんの1日は締めくくられました☆

水辺バルのスタッフのみなさん、
マグノリアのみなさん、
お会いできたみなさん、
ありがとうございました!(C)

関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

Mr. Ebbo この世を去る

"MI MASAI bwana...nasema mi mmasai...
heri Simba ile mimi kuliko samaki jamani.."
これは一昨日23:00に亡くなった「Mr. Ebbo」として知られる
アベル・モティカさんによって歌われた
「MI Mmasai(俺はマサイだ)」の一節だ。



Mr.Ebboは白血病のため入院していたアルーシャ市の
ウサ・リバー・ミッション病院で治療中に亡くなった。

故郷であるモショノでは彼の兄モシラー・モティカさんが昨日、
入院中の面倒を見てくれていた人たちから彼が亡くなったという
報せを受けた。1974年5月26日に産まれた故人は、来週月曜日に
故郷であるアルーシャ市モショノの、キジェンゲ・ムワナマにある
家族の墓へ埋葬される。

モティカさんは「弟の死は家族や彼の活躍したタンザニア音楽業界全体に
大きな打撃を残した」と語った。「Mkoloni」という名で知られる
大御所ミュージシャンのフレディ・マリキさんは「彼のような
アーティストの死は大変悲しく、大きなショックを受けている」
と述べた。

フレディ・マリキさんは「彼の歌う姿が国内外の音楽ファンの記憶に
残るであろう故Mr. Ebboは、娘を二人残した」と話した。

Mr. Ebboはアーティストであるだけでなく、音楽プロデューサーでもあり
タンガ市にMotika Recordsというスタジオを所有していた。

マサイ語で歌うスタイルで、国内外で大きく知名度を上げた。
発売された彼の歌には、前出した「Mi Mmasai」のほか、「Mbando」
「Kamongo」「Maneno Mbofu Mbofu」などがある。故人は妻と
三人の子どもを残した。



出典:Nipashe(2011年12月2日付)

関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

コンテンツ一覧

openclose

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
JT☆STARSライブ予定
サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード