今日のタバサム

top-091125.jpg
ゲームに熱中?!する子どもたち。
勝ち抜き戦が始まると、どんどん挑戦者が現れて、
昼下がりの暇つぶしには、もってこい。(C)


関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

雨季

タンザニアは、雨季と乾季があって、乾季には雨はほとんど降らない。雨季に入ると、毎日ずっと雨というわけではないが、しとしと降り続ける日や、どかっと雷雨が降る日などが断続的に続く。

雨が降ると、農業をしている人たちは大事な畑の作物の世話に忙しくなる。雨が降った次の日には、早朝から畑へ行って仕事をする。作物は雨ごとに成長し、豊かな実りをもたらす。それに雨は生活のための貴重な水源でもある。土の味がする地面から汲んだ水より、集めた透明な雨水は飲み水として最高においしいし、遠くまで水汲みに行かなくても、軒先で集めることができるから素晴らしい。
一方、雨季ならではの災害も多い。一晩の雨で作物が軒並みなぎ倒されたりすることもある。旅行者にとって一番大変なのは、道路事情だ。ドドマの村では、土の道路が巨大な水たまりだらけになって、車がスタッグして頻繁に立ち往生する。

一見整備されているように見える都市部でも、状況は同じだ。ザンジバル島のストーンタウンの中は建物と建物の間を迷路のように細い道が通っているから、雨水が道に集まり、川のようになる。水が引くまでじっと待つか、膝まで浸かって歩くしかない。

ダルエスサラームの大きな道路も、場所によっては一面水浸しになる。
ある日、こんなことがあった。
街中の出入国管理所(イミグレーション)へ行ったのだが、手続きをしているうちに雨が降り、外へ出たころには正面の道路が幅10mくらいの川になってしまっていた。両岸は人だかりで、多くの人は仕事用のスーツやきれいな服を着ているから渡ることができないでいる。ちょうど昼食時で、私は早く向こう岸にある食堂へ行きたかったのだが、水は道路のゴミや排水と混ざっていて汚いだろうし、誰も渡ろうとする人はいないのでしばらく動向を見守ることにした。

突然、露天の若者がソーダのケースを運ぶカートを持って水の中に入り、「渡し屋」を始めだした。若者は明るく「これに乗って渡れば濡れずに済むよ。誰が乗る?」と言うのである。スーツ姿の女性などが数人、渡してもらっていたが、その姿があまりに滑稽で注目を浴びたのであまり流行らなかった。ただ、おかげでそれまで困った表情だった人々の気持ちが緩んだのか、1人、また1人と靴を脱いで道を渡りだす人が出てきた。私も便乗して裾をまくっていると、「そうだ。お前はそうすればいい」とスーツのおじさんに後押しされ、サンダルを脱いで道を渡った。

結局、歩いて30秒もかからない道のりに30分以上もかけてしまったが、不便だからこそ生まれた、思いがけないドラマは、雨季の思い出のひとつとなった。
雨季の旅行は不自由することも多いが、雨のありがたみや、雨の力を身をもって体験したり、人との絆が深まったりすることもあるかもしれない。(C)

ryokou-091123-1.jpg
5月のある日のダルエスサラーム。道路が一面水浸し!!

関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

09/11/21 KAN KAN NIGHT

三宮トアウエストにあるCLUB ZANZIBAで開催された「KAN KAN NIGHT」。ここ2年、冬はタンザニアに滞在していたJT☆STARSは最近の寒さにすっかり参ってしまっていたのですが、おかげさまでこの日はとても熱く盛り上がりました。

スタートは西アフリカの太鼓とダンスのワークショップの参加メンバーで結成されたKUMA KUMA。総勢20人近くのメンバーが踊る姿は大迫力で、会場も大盛り上がり。見ていても自然に体が動いてしまう太鼓のリズムと、次々繰り広げられる勢いのあるダンスに圧倒されました。

その勢いに乗って、私たちの出番です。KUMA KUMAのメンバーの中には、今年6月に共演した人たちもいたのですが、オリジナル曲「マイコ」を覚えていてくれていて、感激でした。6月から振り返ると「マイコ」はとても成長した曲で、リンバが一台変わったり、ホイッスルが入ったり、さらにわたしたちにしては激しいダンスパートも加わっています。うれしい期待を受けて精一杯の演奏を終えると、寒さ対策をした衣装を暑く感じるほどでした。

past-091123-1.jpg


最後はKOWARAのみなさんのステージ。ジェンベやドラムだけでなく、シンセサイザーやスティックという楽器を使った珍しい組み合わせです。演奏が始まると会場は異空間となり、クラブミュージックのような、でもゆったり耳に心地いいような、そんな音楽に包まれました。ステージの後半は、テンポのいい曲で気持ちよく踊らせていただきました。
この日シンセサイザーを弾いていた方はなんと大学の大先輩にあたるとわかり、びっくり!こうして出会ったのも何かの縁、これからもお世話になるかもしれません。先輩、今後ともよろしくお願いします!

ライブ終了後、片付けをする人たちを尻目に、クラブ内にかかったリンガラミュージックに反応してしまい、数人で踊り狂ってこの日は最高に楽しく締めくくられました。どうもありがとうございました!ザンジバ、また行きます!(C)

関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

09/11/15 ライブエイド/2009 Autumn

大阪、長吉長原にあるジェネシス・インターナショナルチャーチで開催された、「ライブエイド 2009 Autumn」で演奏してきました。この教会は、MFA(ミッション・フォー・アフリカ)として、1991年よりケニアのキスムで「MFA PARADISE」という孤児院や幼稚園の運営に参加しています。ライブエイドは、その孤児院などの運営を支援するチャリティーライブです。

この教会はマンションビルの2階部分にあって、教会の中へ入るとその雰囲気は、タンザニアの村にあった、集会所のような教会を思わせる感じです。つい、村の聖歌隊が大音量のエレキギターとキーボードに合わせて汗を撒き散らしながら激しく踊り、歌っていた風景を思い出してしまいました。

現在、MFA PARADISE出身の4人の青年が宣教師として来日しています。彼らは日本へ恩返しをしたいという想いと、自分たちの国をよりよくしたいという想いから、日本でさまざまな活動をしているそうです。今回のライブの進行も、彼らが積極的に行っていました。

ライブは、彼らの活動の紹介から始まりました。キスムでは水事情が整っていない地域があり、飲料水の確保は重大な問題なのだそうです。彼らは、キスムに安心できる飲料水を供給するためには浄水装置を設置する必要があることをスライドを交えて説明し、さらに浄水装置についての研修を受けていることを報告してくれました。挨拶から自己紹介、活動の紹介も全て一生懸命に日本語で行い、4人の誠実な人柄が感じられました。

活動紹介に続き、JT☆STARSの演奏となりました。祭壇で演奏するのは少し気後れしましたが、歌いながら入場した最初の曲から、皆さんが大きな手拍子で参加してくださり、私たちもエンジン全開!オリジナル曲「Maiko」のダンスパートでは、先に発表を終えた宣教師のひとり、カルビン君が乱入し見事な踊りを披露するなど、大いに盛り上がりました。

私たちの演奏のあとには、現在はアメリカで活動されている竹田和夫さんというギタリストの方が、バンド編成で演奏をしました。ゴスペルやブルースなどの演奏はさすがで、教会の雰囲気にぴったりでした。竹田さんもさることながら、バンドメンバーの方々も素晴らしく、コーラス、ベース、ドラムそれぞれのソロパートでは息を呑むほどに引き込まれました。

最後には教会の下川牧師のリードによる賛美歌へと移行し、竹田さんとバンドメンバーをバックに牧師自らギターを弾き、全員で大合唱をして締めくくられました。まさに、タンザニアの教会と同じ!日本にもこんな教会があったのかと、嬉しい発見の瞬間でした。

ライブの後には、皆さんが持ち寄った料理を囲んで打ち上げパーティーとなりました。お話をした方の中にはアフリカの音楽を初めて聴いたという方もいらっしゃいました。私たちの演奏を聴いた人たちが、気持ちの上で日本とアフリカの距離を縮めることに少しでも役立ったなら光栄です。
牧師をはじめ教会のみなさん、聴きにきてくださったみなさん、ありがとうございました!(C)

関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

「農業第一」に投資家が協力

タンザニアの開発投資家が農業第一政策に協力することを決め、民間がその計画を遂行することになる。

これはダルエスサラーム市で昨日開かれた、政府と民間、投資家の会合の後すぐに、事務局総長フィレモン・ルハンジョによって発表された。

「投資家が農業第一政策に理解を示し、民間がその計画の遂行に協力していただけることに感謝しています」とルハンジョは述べた。

彼は投資家との会合の重要性について述べ、彼にとってこの会合は、投資家が農業第一政策を理解し、計画を遂行するための支援をしてくれるよう、当政策を投資家に説明するためのものだったと述べた。

ルハンジョ氏は、国家ビジネス協議会(TNBC)の議長も兼任しており、この会合はまた、農業第一政策の全体像を理解することができなかった一部の投資家に、最初に起こりうる混乱を避けるために用意されたものでもあったと述べた。

「今日はわれわれにとって一部の投資家の間にあった不安を取り除くため、彼らに農業第一政策を説明する機会でした。よかったことに彼らが当政策をよく理解してくださり、当政策を実行に移すことに対し想いを共にしていただけました」と彼は述べた。

ルハンジョは小規模農業者に対し、農業を商業化し利益を生むよう強化させることを望んだ。というのも、この計画の主題は農業を商業化することだからだ。

この会合に出席した大使を代表し、在タンザニアアイルランド大使アン・バリントン氏は、農業第一政策に協力の意を示し、民間が農業第一政策全体の実行と強化に関わることを望んでいると述べた。

「われわれ大使としては農業第一政策を理解する機会を得ることができたと共に、参加したわれわれ一人ひとりが、関連する計画を遂行するには民間と国民の協力が重要であるということをよく理解しました」とバリントン氏は述べた。

またTNBCの農業グループ代表フェリックス・モシャ氏は、投資家が当政策を理解した今、重要なことは、必要なときに当政策の実行を支援する役割を果たすことだと述べた。

出典:NIPASHE JUMAPILI (2009年10月18日付)

関連記事

テーマ : アフリカ
ジャンル : 海外情報

コンテンツ一覧

openclose

お問合せはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

お知らせ
JT☆STARSライブ予定
サイト内検索
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード